研究プログラム

本拠点形成計画は,人の能力を支援・増幅・拡張するサイバニクス研究の推進(人間とIRTの融合:新学術創出),当該分野を開拓する人材育成,研究成果の実用化に伴う国際標準規格の制定,及び,イノベーションによる新産業創出が一体となって好スパイラルで継続的に推進される。

ここでは,人間・ロボット・情報系の融合複合新領域の開拓を,サイバネティクス,メカトロニクス,情報科学を核として,脳・神経科学,ロボット工学,システム工学,IT,感性科学,人間工学,生理学,社会学,法学,倫理学,経営学等からなる融合学問領域の研究を推進する.さらに,これらの学問分野が融合複合的に関わる以下のような分野もカバーすることになる。

教育プログラム概要

研究分野

  • サイボーグ学
  • 再生医工学/機能代替
  • 感性工学/人間工学
  • 高齢者生活支援技術
    (遠隔/在宅/病院/施設/地域医療福祉、バイタルセンシング)
  • ヒューマンインタフェース
  • セキュアデータベース情報技術
  • 先端医療福祉ネットワーク技術
  • ロボット技術
    (生活支援/人間支援ロボット/基盤技術)
  • インプランタブルデバイス
    (マイクロ・ナノ技術)
  • 脳神経科学/ブレインインターフェース
  • 医療福祉工学
  • ユビキタスコンピューティング/センシング
  • バイタルデータベース構築技術
  • 新産業創出(MOT,経営,知財運用,法律)

人は人工物と異なり、意思を持ち、多様性があり、ばらつき、身体的・生理学的・時間的特性の変化を持つ.そこで本拠点では、人の意識・無意識の世界と機械をつなぐ情報系の構築とともに、人が必要なときに、人に必要な支援を行う技術の実現のために、以下の研究領域の一体的推進を行うものである。

サイバーノイド研究領域

情報技術を用いた身体機能支援技術

Cybernoid
  • ロボットスーツ
  • サイバニックリム/ハンド
  • 埋込型サイバニックシステム
  • 主観認知コンピューティング
  • 仮想人体カーネル等

次世代インタフェース研究領域

人の意思と人工物をシームレスに繋ぐ情報技術

Next-generation interface
  • 脳-コンピュータインタフェース
  • 体性感覚メディア
  • ヒューマノイド
  • メディカルインタフェース
  • ユビキタスセンシング・インタフェース
  • 知能ロボット等

次世代先端システム管理技術研究領域

社会へ適用するためのシステム管理技術

Next-generation interface
  • ネットワークセキュリティ
  • 新世代リスクマネジメント
  • ヒューマンファクタ
  • 人間機械共生系
  • 認知心理学
  • 法的・倫理社会的対応等
ページの先頭へ