大見出し

 今日、次世代ロボットの開発がめざましく進んでいますが、それにより人間とロボットが共生する可能性が出てまいりました。この共生により今までにない新しい文化的・思想的課題が生まれてきています。
 この度このような興味深いテーマについて市民の皆様と語り合う場を持ちたいと考え、「ロボ・カフェ」を開催する運びとなりました。カフェというその名のとおりお茶とお菓子でくつろいだ雰囲気の中、講師の先生のお話とそれに関するご質問などを伺ってまいりたいと考えております。


  つくば市は市民の理解とサポートを得ながら社会や人々の生活に役立つロボットの産業を育成し、それを通してつくばの街をさらに活性化することを目指しています。
 そこで今回は、つくばの街の中で移動ロボットに1kmの自律走行をさせる「つくばチャレンジ」を主催し、また「ロボットの街つくばの実現を目指して ー提言」をまとめたロボットの街つくば推進会議の座長でもある油田信一 氏(筑波大学教授)と、つくば市役所産業振興課の大久保剛史氏にお話し頂きます。

            記  
  
   ・日時:5月6日(水、振替休日)午後1時から4時   

   ・場所:サイバーダインスタジオ
         イーアスつくば2階
         つくばエクスプレス研究学園駅より徒歩4分

   ・話題提供者:大久保 剛史氏 (つくば市役所産業振興課)
          油田 信一 氏  (筑波大学教授) 

   ・参加費:無料(入場料込み、お茶とお菓子を用意しております)
   ・定 員:50名   
   ・申込先:筑波大学グローバルCOE「サイバニクス拠点事務局」
          tel:029−853−5630
         mail : robocafe@cybernics.tsukuba.ac.jp

            
               主催:筑波大学         
      

 

 

ページの先頭へ